お母さんが正しくて、あなたが間違ってるのよ

「お母さんが正しくて、あなたが間違ってる」

 

子どもに言ってしまうことありませんか?

 

特に、自己主張が豊かになってきた

思春期くらいのお子さんとの会話で

起こりやすいのかもしれません。

 

子どもが羽目を外しそうだったり

人に迷惑をかける可能性があったりすれば

 

当然、

 

親は子どもに正しいことを教えなければって

思いますよね。

 

ところが、お子さんは納得する訳でもなく

反対に、反発を食らって

お母さん自身のやり方を責められてしまう。

 

ここまではよくあることだと思います。

 

けれど、問題はここからです。

 

お子さんとの言い合いをきっかけにして

 

自分の母親との関係も同じだったではないか・・

いつも母親から指示や命令をされてきた・・

 

お母さん自身が子どもの頃のことが

アレコレ思い出されて

 

気持ちが混乱してしまう・・・

当時感じていた怒りや悲しみで溢れてしまう・・

 

どうでしょうか?

 

少し気持ちが落ち着いてから

問いかけてみてください。

 

いつも

「ちゃんとしなければ・・」

という気持ちを強く持っていませんか?

 

ちゃんと育てなければ・・

ちゃんと躾けをしなければ・・

 

そうして義務感やプレッシャーを感じながら

子育てしてこられたのかもしれません。

 

子育てだけではなくて

何かしようとする度

 

「ちゃんと~しなければ」という思いが顔を出して

 

少しでも上手くいかないことがあったり

失敗したと思うと

 

「ダメじゃない!」

「また、そんなことして!」

 

そう怒られるような気がするのでは

ないでしょうか?

 

そうだとすると

いつも不安で自信を持てなくなってしまいますね。

 

ちゃんとできないと愛されない

正しくないと愛されない

 

そんな前提がどこかにあるとしたら

とっても息苦しいですね。

 

もしかすると目の前のお子さんも

それと同じ息苦しさを感じて

あなたに言い返してくるのかもしれません。

 

それはきっと

 

もう自分に厳しくし過ぎなくてもいいよ

ちゃんとできなくても愛しているよ

 

というメッセージなのかもしれません。