【不登校】「もう、どうにもならない…」と思う親御さんへ。価値観がシフトする時代の「不登校」

「もう、どうにもならない…」

「全て終わったような感じです…」

 

お子さんが不登校になって

親御さんがおっしゃることがあります。

 

実は、これは親御さんだけでなく

お子さんも同様に感じているものです。

 

 

でも、実際は、決して

それで全てが終わり、ということは無く

 

その先の人生には

多くの選択肢があります。

 

例えば、

・学校は他にもいっぱいある。

・日本が嫌なら海外へ行ってもいい。

・元不登校で、社会で活躍している人は多い。

・就職できなけば、起業という道がある。

・オルタナティブ・スクールも少しずつ増えている。

・Youtuberでもやってみよう。

・元気でいるならそれでOK。

 

このように、

現実にその選択をするかどうかは別として

 

考えとしてだけでも

結構いろいろあるものです。

 

 

もちろん、

他の大多数の子どもと同じでない

そういうことへの不安や

 

親の思い通りになってくれない

子どもに感じる失望など

 

あるとは思います。

 

 

他にも

「ここまで順調に育ってくれたのに」

「せっかく希望の学校に入ったのに」

「お金を出したのに」とか…

 

 

私たちは、自分が子どものために取った選択が

正しかった、成功だったと

思いたいものですよね。

 

 

そうだとしても

 

お子さんが学校に行かないことで

「全てが終わった」のように結論づけるのは

早過ぎるようにも思いますし、

 

何より、親御さんの絶望感が

お子さんに伝わるのは

 

親御さんも望んでいないはずです。

 

 

今は、世界が大きく変わっていっています。

 

 

テクノロジーの力で

どんどん自動化が進んでいます。

 

 

そして、

「子どもの65%は将来、今存在しない職業に就く」

と言われています。

 

これは、2011年アメリカの大学院教授である

キャシー・デビッドソンが語った言葉です。

 

 

そして、それは既に身近なところに

あるのではないでしょうか?

 

例えば、スマホやアプリの登場だって

私たち大人が子どもの頃には

想像もしなかったものですよね。

 

そうした目に見える世界だけではなく

私たち親世代は、

 

まだまだ古い価値観に縛られて

生きています。

 

 

「人と同じでなければならない」とか

私もまだ少しはありますが、

日本人には多いものではないでしょうか?

 

 

良い学校、良い会社、とか

年功序列、終身雇用、みたいなことが

「幸せな人生」の定義であった時代は

 

とっくの昔に終わっている訳です。

 

 

働き方に関しては、今は昔のような

「正社員かパートか」みたいな二者択一

ではなく、

 

コロナをきっかけに

パラレルワーカーが実際に増えています。

 

要は、

「多様化の時代」ということです。

 

働き方だけではなく、

「幸せの定義」が多様化していますね。

 

 

こうしたシフトが起きている時代に

これまでと同じ教育や価値観を

必死で身につける。

 

それが、お子さんの将来で本当に「活きる」

かどうか?

 

ということは、

価値ある問いではないでしょうか?

 

 

そして、子どもの「幸せな人生」というのに

思いを巡らせたとき

 

より大事なポイントは

 

「自分は大切な存在だ」

思えていることではないでしょうか?

 

 

子どもが

「自分は必要のない人間」

「価値のない人間」

「愛されない存在」

 

そんな思い込みを持って

その後の人生を生きなくてはならない

 

それが本当に辛く、不幸なことだと

我々大人は学んできています。

 

自尊心とか、自尊感情というものを

土台として持っていることの方が

重要だと思うのです。

 

 

そして、

この自尊心が損傷を受ける時というのは

 

辛い体験、圧倒される体験

 

つまり、トラウマを受ける時だと

言えます。

 

・不登校で批判され続ける。

・いじめを受ける。

・孤独な状態が続く。

・虐待を受ける。

 

こうしたことは、全てトラウマになると

言えます。

 

トラウマを受けるということは、同時に、

人から『選択肢』を奪います。

 

 

例えば、いじめを受ける子が、

ただただ耐えているしかない状況

というのがあります。

 

もしかしたら、逃げたり、やり返したり

できるかもしれないと思うかもしれませんが、

 

でも、人の身体は

圧倒されたり、恐怖を感じたりした時には

逃げることも、闘うこともできず、

凍り付き反応と呼ばれる反応を起こします。

 

言い換えれば、辛い体験というのは

人から

 

「柔軟に考える」とか

「視野を広く持つ」

 

それから

「きっと大丈夫と思える」みたいな感覚を

奪ってしまうのです。

 

そして、親が何らかのトラウマを持つ場合

当然、子どもにも影響していきます。

 

例えば、子どもの頃

 

親に甘えられなかった

感情を受け止めてもらった体験が乏しい

 

そうした場合は

子どもに自尊感情を育むようなかかわりが

難しくなっても自然なことです。

 

だから、私たちがトラウマを持つ場合は

少しでも解放していくことが

大人の責任だと思ってもいいのではないでしょうか?

 

 

今回のお話をまとめると、

 

もし、親が古い価値観のまま

いたずらに不安定になるのであれば

 

親が新しい価値観に触れたり、取り入れたりして

ちょっと楽になり、

 

子どもの自尊心を守る方向を

目指していきませんか?

 

ということでした。