コミュニケーションが攻撃的になるのは・・?

人とかかわると疲れてしまう・・

言いたいことがうまく言えない・・

何でも自分の責任と捉えてしまう・・

 

 

アダルトチルドレンの生きづらさは多様ですが

 

 

中には

 

度々怒りが爆発して

身近な人との関係が壊れていってしまう

 

そんな悩みもあります。

 

 

 

あなたはいかがですか?

 

 

 

相手の言葉に反射的に怒りが湧き上がり

気が付いたら相手をとことんこき下ろしていた

 

相手は冷静に返答していたけれど

その言葉にもひっかかって

自分は理解してもらえないんだと孤独感を感じてしまう

 

相手は一生懸命、諭すように話しているけれど

それが一層、見放されるように感じて

もうやっていけないと思ってしまう

 

 

もし、そんなことが起こっているのなら

まずは相手に対して

 

「~にちがいない」

と思っていないか確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が自分との約束を忘れたにちがいない・・

相手は自分を軽んじたにちがいない・・

相手は嘘を言っているにちがいない・・

 

 

こうした解釈がありませんでしたか?

 

 

もしそうだとしても、

自分を責めるのはちょっと待ってくださいね。

 

 

あなたは繊細で敏感なところを持っていて

相手の変化する気分や考え、自分に対する構えに

よく気付く方なのではないでしょうか?

 

 

そして

 

 

あなたが人よりも相手の言動に反応してしまうのは

あなたを「不安」にさせたり

あなたを「脅かす」ような

何かがあったからではないでしょうか?

 

 

そうして一早く

 

両親やきょうだいのもめ事やトラブルに

対処しようとしてきた癖が今

発動しているのかもしれません。

 

過敏に「危険」に対するセンサーが働いて

咄嗟に反応してしまうのですね。

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

決してあなたのせいで

そうなっているのではないのです。

 

あなたが子どもの頃、

怒鳴り声や家族の緊張感に身体を強ばらせていた記憶が

今でも何かのきっかけで刺激されるのです。

 

 

けれど結果的に

相手との関係が不本意な方向へ行ってるとしたら

悲しいことですね。

 

あなた自身も傷ついて、エネルギーをすり減らしている

かもしれません。

 

 

もちろん

望む相手ではない場合もあるかもしれませんが

 

「~にちがいない」

という選択肢が一つだけになるよりも

 

「~かもしれないけど、別の~かもしれない」

を作ってみることから始めてみませんか?

 

そうしたトレーニングは

一瞬で効果を見せないかもしれませんが

 

以前よりもあなたの心を守り

豊かにしていってくれますよ。

 

無料メルマガご登録はこちらをクリック