あなたの幸せを阻む〇〇とは?

望む方向へ行きたいのに、行けない。

やりたいことがあるのに、できない。

チャレンジしても、あきらめてしまう。

 

あなたは、このような葛藤を感じて

動けなくなってしまうことがありませんか?

 

 

恋愛、結婚、職業選択、趣味、子育て

家族や友人とどう付き合っていくのか、等々

 

私たちの人生には

こうした葛藤の元となる機会がたくさんあります。

 

その機会を目の前にした時

自分が本当に望む道を自然に選択できる人と

そうでない人がいますが、

 

アダルトチルドレンや愛着障害の人は

上のような葛藤状態に陥りやすいのです。

 

葛藤を抱えて動けなくなる理由は

 

向かおうとした道に

安定や安心を感じないからです。

 

その代わりに

 

「自分の人生を歩く」ということに

罪悪感や恥の感情を感じるのです。

 

罪悪感や恥は、あなたの幸せの強力なブレーキとなります。

 

 

何となく、思い当たる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

もう少し、詳しく言えば

 

本来、進むべき道に立たされると

どうしてか

 

受け取ってはいけないものを、受け取ろうとしているような

なんだか申し訳ない気分にさせられてしまったり、

 

不適切なことをしようとしている気持ちが湧いてきたり

するのです。

 

 

これは複雑なようですが、

幼少期からの不適切な親子関係の影響を受けていると

ごく当たり前に起こっていることです。

 

もしかすると、あなたは、今までずっと、

親や兄弟の世話ばかりをしてきたのかもしれません。

 

他人のことに忙しくしている方が

「普段の自分」らしい感じがして

その感覚に親しみさえ抱いているかもしれません。

 

あるいは、優しいあなたは

いつも苦労している親の顔を見てきたから

自分だけが幸せを手に入れてはいけない

 

そんな禁止のメッセージを

自分に対して発してしまうのかもしれませんね。

 

けれど、本当にそのままでいいのでしょうか?

 

葛藤を解消して、あなた本来の道を歩くためには

葛藤を起こしている心の状態を歓迎し、

丁寧に紐解いていくことです。

 

だから、葛藤や嫌な感情は

どうか嫌ったり、排除しようとしないであげてくださいね。

 

その感情が意図していることや目的がきっとあって

あなたを守ろうとしているのかもしれません。