ネガティブ感情をどうにかしたい

不安が押し寄せる

怒りで我を忘れそうになる

自己嫌悪で苦しい

 

 

こうした感情が頻繁で大きい程

私たちはどうにかしたいと

強く思うものですよね。

 

だって、不快だから。

 

また、そのせいで

大事な人との関係が悪くなったり

関係を失ってしまうこともある。

 

 

何より

自分が安全を感じられない。

 

人間にとって安全を失うことは

大変な状況なわけです。

 

 

もし、こんな風に

あなたがネガティブ感情に困っているなら

こんな風に考えてみてください。

 

 

感情は波のようなもの。

 

寄せては、返っていく。

 

 

あるいは

 

感情は呼吸のようなもの。

 

ただ吸っては、吐くような。

 

 

その感情は永遠に続くことはありません。

 

永遠にあなたの中に

とどまることはありません。

 

 

だから

無理にコントロールしようと

頑張り過ぎなくてもいいのです。

 

 

もちろん

感情が出てくるのは

いろんな意味がありますよね。

 

例えば

自分のニーズを教えてくれている。

 

不安があるから

受験勉強の時間も増やそうかなと思うし、

 

 

暴力や攻撃を受けて

自分の領域を侵害されたり

 

期待していた配慮がなかったりしたら

怒りや悲しみを感じるのは自然なことです。

 

 

あるいは

ずっと押し殺していた気持ちが

やっと出て来られるようになった。

 

「愛する人への怒りを感じてはいけない」

 

と、思って生きてきたけれど

 

自分と向き合うにつれ、

なんかイライラするようになった。

 

 

この場合は、これまでのパターンが

崩れ始めているのですね。

 

そこにはやはり、不安も出てきます。

 

つまり

感情をしっかり感じられるというのは

健康な面でもあるのですね。

 

 

それから、

自分の感情を恐れる

というのもありますね。

 

パニックとか

一度、恐い体験をすると

 

次また同じようなことが起これば

対処できないような気がする。

 

これも自然なことですよね。

 

 

感情いろいろ。

でも、悪者ではないらしい。

 

 

ネガティブ感情は不快ですが、

危険なものではありません。

 

 

ネガティブ感情に対して

今までよりちょっとだけ

大事にしてあげてくださいね。