【不登校】「友達がいないとダメですよね?」

「うちの子、友達がいないのですが

やっぱりダメですよね?」

 

学校を休みがちなお子さんのことで

お母さんが心配されることがあります。

 

 

詳しくお聞きすると、

 

お子さんは小さい頃から

一人で絵を描いたり

一人で本を読んだり

して過ごすのが好きで、

 

あまり誰かと一緒に遊ぶことがなかった

というのです。

 

学校を行き渋るようになってから

友達がいないことが悪いのではないかと

お母さんは考え始められたようです。

 

もしかすると、あなたも

同じように思っているのかもしれません。

 

 

私の答えは

友だちがいなくても全然大丈夫です!

 

 

え?と、意外な感じがされましたか?

 

 

子ども時代、ずっと親しい友達が見つからなくても

好きなことを続けて

 

大人になって活躍している人を

私は何人も知っています。

 

 

私たちは小さい頃から

とっもだ~ち、ひゃくにんでっきるかな~♪

と歌い

 

それから、学校には決まったように

【みんな仲良く明るい子】

みたいな標語が掲げられていたりして

 

たくさん友達がいて

みんなと仲良くして

明るくて元気で強くて優しくて・・・・・

 

そんな子が「いい子」なんだと

教えられてきたのではないでしょうか?

 

もちろん、それ自体を否定するつもりはありません。

 

しかし、

単一の価値観が作り上げられてしまって

 

そこから外れることが『ダメ』だと感じる人も

多いのではないでしょうか?

 

「友達がいないからダメ」

「明るくないからダメ」

「本ばかり読んでいるからダメ」

 

もし、こんな感じ方に陥っているとしたら

とっても辛くないですか?

 

それに、誰もが本来持っている

その子らしさや才能、雰囲気が

傷ついたり損なわれてしまうかもしれません。

 

そうなると、

子どもの自尊心は低くなってしまいます。

 

 

また、子どもによっては

 

毎日決まった教室で、同じ顔触れと一緒に

ベタベタ過ごさなければならないことに対して

ものすごくストレスを感じる子もいるのです。

 

大人の一方的な価値観で

子どもを縛ってしまうのは避けたいものですね。