【うつ】「こんなことでカウンセリング?」と、思ってしまうあなたへ

「悩ましい毎日を過ごしているけど、自分の性格だから・・」

 

このように思っておられませんか?

 

もし、そうだとしたら、今がカウンセリングを受ける時です。

 

 

「悩み」を抱える人の中には

比較的早く支援を求める人と、そうでない人がいます。

 

前者の場合、例えばうつ病の場合などは

睡眠や食事に明らかな症状が見られて、本人も治療を求めることが多いです。

 

しかし、反対に

 

□自分はダメな人間だ。

□いつも自分が我慢をしてしまう。

□人に「ノー」を言えない。

□漠然とした生き辛さを抱えている。

□人生は苦しく楽しめない。

 

などの「悩み」を、自分の性格のせいとか

自分の努力が足りないからだと感じる人がいます。

 

長期に渡って悩みが続くのに、自分を責めるのは

何とも辛いことではないでしょうか?

 

私自身、10代半ばから約10年ほどの間

上のような状態に苦しんでいた時期がありました。

 

けれど、当時は知識もなく

カウンセリングで改善できるとは思っていませんでした。

 

そのため、

「自分がもっと頑張らないと」と努力しては疲労し、

うまくいかなければまた「自分はダメだ」と自分を責める

 

そんな「悪循環」を繰り返してしまっていました。

 

その後、臨床心理学などの学びを通して

当時の自分が「慢性のうつ」だったのだと知り、

カウンセリングを受けて回復することができました。

 

もしも、上の□の中で一つでも当てはまるなら、

まずは、あなたが「カウンセリングの対象である」

知ってくださいね!

 

職場の人間関係、

夫婦・親子関係など

あなたの人生の基本的な機能が、これまでよりもグッと

「楽に」「前向きに」変わっていきますよ。